Safari Technology Preview 91

2019-09-04にSafari Technology Preview 91がリリースされた

WebKitのrevisionは248705-249190

概要を部分的に以下にまとめる。

セキュリティ

TLS1.0と1.1が無効化

JavaScript API

  • unhandled promise rejectionsのためのpublicなAPIをJavaScript Coreに追加
  • hashbangをサポート
  • optional chainingを実装
  • StaticRange constructorを実装
  • toISOStringがobjectを返したとき、Date.prototype.toJSONが例外を吐かないように修正
  • Promise.prototype.finallyがPromise型ではないobjectを受け入れるように変更

JavaScript パフォーマンス

  • Array.prototype.toStringが呼ばれるたびにjoin関数が参照されていた問題を修正
  • x?.y ?? zが高速であることを保証

Media

  • picture-in-pictureがあるときに webkitpresentationmodechanged が2回発火されるのを修正
  • MediaDevicesが停止するときにMediaDevicesタイマーが停止するように変更
  • requestFullscreen()がフルスクリーンを一貫しないstateで抜けたあとにrequestAnimationFrame()コールバックのfullscreen elementが削除されるように修正
  • capture devicesをサーチするときに無効化されたデバイスが考慮されないように変更

Web API

  • globalのwindow objectにGeolocation interfacesを生やすようにした
  • variation selectorsをつかったEmojiがテキストスタイルではなくemojiスタイルで描画されるように修正
  • SVG elementsにfocuskeyevent listenerが追加されたときにfocusableになるように変更
  • HTMLFieldSetElementHTMLOutputElementのtab indexのデフォルト値が-1になるように変更

レンダリング

  • drawImageによるアニメーション画像のcanvasの最初のフレームへの描画を修正

ポインターイベント 

  • 将来のポインターイベントがmacOSでディスパッチされないようにする、キャプチャ要素の削除を修正

WebDriver

  • SimulatedInputDispatcherログでマウスのボタンが正しく出力されるように修正

Webインスペクター

  • ElementsのDOMツリー、Networkのheaderペイン、Consoleが、RTLモードあっても常にLTRで表示する
  • BigIntのシンタックスハイライトを追加
  • 次のマイクロステップで停止するグローバルなbreakpointを指定できるようになった
  • queryHoldersコマンドラインAPI関数を実装 など