Chrome 78 Beta

2019-09-19にChrome 78 Betaがリリースされた

CSS Properties and Values

CSS custom propertiesをJSから操作できるCSS Properties and Values API Level 1が入った。 詳細はweb.devの記事でまとめられている。

Native File System

ブラウザ上のWebアプリケーションからローカルのファイルへのアクセスを可能にする。Native File System APIが入った。 ブラウザ上で動くエディタなどで非常に有用。 詳細はGoogle Developersの記事でまとめられている。

Origin Trials

開発者に最新の機能を提供し、フィードバックを受けることができる仕組み。ブラウザのフラグなどとは違いOriginに紐づく。 Origin Trialsそのものについては以下のページが参考になる。

HTTP Linkヘッダーを継承することによるSigned Exchangeのサブリソースのprefetchとpreload

SMS Receiver API

ブラウザ上で動くアプリケーションからデバイスのSMSへのアクセスを可能にするAPI。 これを用いることでユーザーがSMSでOTPを受け取ったときに、アプリケーションが自動でOTPを読み取ることができる。 SMSのフォーマットは決まったものである必要がある。

その他の機能

  • input/textarea のplaceholderの色を#757575からrgba(0, 0, 0, 0.54)に変更
  • ページの状態がUnloadのときはwindow.open()を無効にする
  • Byteごとの更新チェックを、importScripts()でimportされたすべてのSWに適用する
  • Web Socketsの高速化
    • Linux: 7.5倍
    • Windows: 4.1倍
    • Mac: 7.8倍
  • PaymentRequest.hasEnrolledInstrument()trueを返しやすくするように改善
  • PaymentResponse.prototype.retry()の追加
  • CSSのopacity系プロパティに%を値として指定できるようになった
  • PaymentRequest.onshippingaddresschangeイベントでいくつかの情報を秘匿する
  • MediaSession ActionHandlerのtype'seekto'を使用できるようになった
  • User Timing APIの拡張
    • performance.measure(), performance.mark()に任意のtimestampを渡せるようになった
    • performance.mark()performance.measure()で任意のメタデータをレポートできるようになった

Deprecations and Removals

  • 遷移などでページが破棄される時の同期的なXHRを許可しない
  • XSS Auditorの削除